超高速開発コミュニティ「第7回 GeneXus分科会」

 超高速開発コミュニティは、システム開発の方法を抜本的に改革して、企業のスピード経営を実現するとともに魅力あふれるIT業界に変革することを狙いとして設立されました。
 アイテック阪急阪神は、このコミュニティ内のGeneXus分科会にて、「遺失物(お忘れ物)管理システムパッケージ開発 と、GeneXus開発標準の構築」と題する講演を行いました。多数のご来場ありがとうございました。

■イベント名称
 超高速開発コミュニティ 第7回 GeneXus分科会

■主催
 超高速開発コミュニティ事務局

■日時
 2016年6月17日(金)分科会 15:00~16:45

■講演内容
 「遺失物(お忘れ物)管理システムパッケージ開発と、GeneXus開発標準の構築」
  アイテック阪急阪神株式会社
  IT統括本部 ITエンジニアリング部 テクニカルサポート課
  主事 浜田 純司

■会場
 株式会社ソルクシーズ ミーティングルーム

■アクセス
 ・JR山手線田町駅 徒歩1分
 ・都営三田線三田駅A5出口 徳栄ビルB1F直結

■参加対象者
 ・超高速開発コミュニティに参加しているGeneXusユーザー・ベンダー
 ・GeneXusにご興味のある方
  参加ご希望の方は、次のアドレスからご登録ください。
  http://genexus.wp.xdomain.jp/?page_id=30

■参考情報:その他、アイテック阪急阪神のイベント実績
2016年の開催実績と予定
2015年の開催実績
2014年の開催実績