RPAで社内ヘルプデスク業務を効率化する「チャットボット」入門セミナー

人事・総務部門や情報システム部門では、社内の各部署から日々寄せられる多くの質問や問い合わせに対し、「社内FAQを整備しても見てくれない」「同じ質問を別の社員から昨日も受けた」など、悩みを抱える担当者も多いようです。

ここ最近、社内サポートの業務効率化のため、RPA(Robotic Process Automation)の一つとしてチャットボットの検討や導入が進んでいます。
チャットボットは、社員からのよくある質問や簡単な手続きを、24時間自動で回答・処理するしくみです。
社内問い合わせの自己解決率を高め、サポート業務の負担を減らすことは、働き方改革の第一歩となります。

「現場で本当に使える」「社員に本当に使われる」チャットボットはどのようしてつくるのか?
チャットボット・チャットサポート設計において、大切なポイントをお伝えするセミナーを開催しました。会場は満員御礼となりました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

■イベント名称
 RPAで社内ヘルプデスク業務を効率化する「チャットボット」入門セミナー

■主催
 アイテック阪急阪神株式会社・モビルス株式会社

■日時
 2018年4月17日(火)15:00 ~ 16:30(14:30開場)

■会場
 Osaka Knowledge Wharf
 大阪府大阪市中央区城見2-2-22 マルイトOBPビル 10階
 当会場の喫煙コーナーは使用できません。ご留意ください。

■プログラム(予定)

  第1部 RPA(Robotic Process Automation)とチャットボット
  ・RPAとは?
  ・RPAが注目される背景
  ・RPAの導入事例
  ・PRAチャットボットとは
  ・RPAチャットボットの利用例

  第2部 チャットボットの設計と注意点
  ・人工知能の分類、人工知能の選定ポイント
  ・ユーザーインターフェース(ウェブ小窓/LINE/ Skype/専用アプリ他)
  ・バックエンドエンジン(人工知能・FAQシステム、CRM)
  ・自動応答と有人サポートの連携と役割分担
  ・導入期間等の目安

  第3部 自動応答対応チャットツール「モビエージェント
  ・人工知能、CRMなど多彩なシステム連携
  ・有人サポート支援機能(AIサジェスト機能)
  ・サポート品質向上につながるモニタリング機能、統計出力機能
  ・導入事例

         ※内容は、一部変更となる可能性があります。

■定員
  50名  ※事前お申込制で無料先着順となります。
      ※同業企業様からのお申込みは、お断りさせていただく場合がございます。あしからずご了承ください。

■お申込み方法
  本セミナーは満員御礼となりました。

■アクセス
 大阪市中央区城見2-2-22 マルイトOBPビル 10階
 JR京橋駅/京阪京橋駅 専用連絡橋で徒歩5分、地下鉄大阪ビジネスパーク駅 徒歩5分
 マルイトOBPビルにはホテル モントレ ラ・スールが隣接しております。入口・エレベータのお間違いないよう、マルイトOBPビル 10階にお越しください。
Osaka Knowledge Wharf

■本件のお問い合わせ先
 アイテック阪急阪神株式会社 セミナー事務局
 鈴木 TEL:06-6456-5202

■これまでの関連イベントのご紹介
 ・2017年12月06日 人工知能(AI)を活用した、Web/LINEチャットボット入門セミナー(大阪)

■参考情報:その他、アイテック阪急阪神のイベント実績
2018年の開催実績と予定
2017年の開催実績
2016年の開催実績