特長

「医薬分業」の進展に伴い、患者への服薬指導の主体も医療機関から保険薬局へ移行しつつあります。
厚生労働省においても医療の質の向上を図る為、これを積極的に推進しています。このことは逆に言えば、保険薬局の薬剤師に対し業務量と責任の増大を強いるものであり、保険薬局においてはこうした責務を十分に果たして社会貢献することが時代の要請でもあり、こうした傾向は今後もますます強まっていくものと考えられます。
「Pharm-i」では、ますます多様になる保険業務を強力に支援するため、高性能・高機能で抜群のコストパフォーマンスを追及しました。まさに、未来型保険薬局システムの誕生です。

img_pharm-i.gif

Pharm-iのコンセプト

保険薬局システム「Pharm-i」は、煩雑な薬局業務の効率化を図り、"かかりつけ薬局"としての充実した医療サービスを実現するため、付加価値の高い情報をご提供するとともに、業務の迅速化を図ります。
スタンドアローンから複数台構成まで、柔軟な機器構成が可能です。
抜群の安定性と多彩な機能、そして薬局様のニーズにあわせた価格帯でご提供いたします。

特長

処方せん入力から薬歴管理、服薬指導、保険請求業務などの各種薬局業務をクイックレスポンスで処理します。

充実したマルチ機能と優れた操作性

「キーボードだけ」でも「マウスを使って」でも簡単に操作ができます。
また、複数画面の同時起動が可能です。
たとえば、処方せん入力の途中でも別患者の処方せん入力を行ったり、薬品の登録を行うことが可能です。

迅速で高機能な処方せん入力

薬歴を参照しながら処方せん入力が行える2ウィンドウ表示方式を採用。
もちろん、レセプトイメージ自動まとめ上げ機能も充実し、処方せん通りの入力が可能です。また、FAXで送信された処方せんの受付機能により予備入力も可能です。

省力化、効率化を追及した保険請求

レセプト電算処理、オンライン請求にも対応。
「返戻・再請求」「請求保留」も簡単に設定できますので、請求書作成も簡単です。
レセプト・請求書ともにフォームオーバーレイを標準採用していますので、市販のコピー用紙でそのまま出力できます。

充実した統計管理機能

CSV形式のファイル出力を標準装備していますので、市販のソフトウェアと組み合わせてDM出力や表計算ソフトでの独自解析などデータ加工が可能です。
レセプトはもちろん、ほとんどの帳票でプレビュー表示が可能です。
印刷前に画面で確認できますので、用紙やプリンタ消耗品の節約ができます。
保険の種類や使用薬品、算定技術料など様々な条件により患者の検索が行えます。

充実の処方監査と薬剤情報提供機能

医薬品相互作用チェックシステムでは
・適応症推論チェック(添付文書中の適応症と禁忌の薬品チェック)
・矛盾処方チェック
・患者別禁忌薬品チェック(同一薬効成分含む。患者毎に設定可能)
を標準装備しています。
また、薬剤情報の内容は1薬品につき最大99パターンまで登録できます。
医療機関別、医師別はもちろんのこと、年齢範囲別や性別、服用履歴別など様々な条件により、自動的に文章を切り替えることができます。
文字サイズも患者さんにあわせて3パターンから選択可能です。

お問合せ・ご相談はこちら