4つのメリット

Ericomのメリット

4つのメリット

ライセンスコストは安くならないのか・・・ PCの運用管理を楽に出来ないか・・・ 効果的な情報漏えい対策はないのか・・・ iPadを業務に使うことは出来ないか・・・

◆コスト削減

 必要十分な機能を持ち、他製品と比べてソフトウェアライセンスが安価です。また、クライアントで稼動させるソフトウェアの管理をサーバ側で一元管理できるので、ソフトウェアバージョンアップなどの運用コストを削減できます。 ブラウザ限定アプリケーションもプログラム改修なしでアクセスできるため、改修費用も削減可能です。

◆シンプルな構成

 クライアント仮想化に必要な基本機能を実装し、不要な機能を削ることでシステム構成をシンプルにしています。お客様が必要とする機能をピンポイントに提供することで、高い費用対効果をもたらします。また、構築から運用に関わる設定をすべて1つのWeb管理コンソール上で行うことができるため、運用管理も楽になります。

◆マルチデバイス対応

 ユーザデバイスにHTML5対応のブラウザさえあれば、専用クライアントを一切インストールせずに、業務アプリケーションやデスクトップにアクセスできます。

◆オープンな製品戦略

 多くのVDI用ハイパーバイザーに対応しており、混在環境もサポートしているため、お客様の使い慣れた既存環境をそのまま利用することが可能です。

▲4つのメリット一覧へ

コスト削減

 Ericomはマイナー機能を含まず、シンプルな構成にしているため、他製品に比べてソフトウェアライセンスが安価です。

cost_reducdactant.jpg

 現在XenAppをご使用のお客様は、XenAppを継続利用するよりも、Ericomへリプレースするほうが、トータルコストを削減できます。

価格表

cost_comparison.jpg

▲4つのメリット一覧へ

シンプルな構成・マルチデバイス対応

 Ericomは、仮想化に必要な最低限の機能を実装し、不要な機能を敢えて削除することでシステム構成をシンプルにしています。また、RDS方式 / VDI方式 / 物理PCのどんな構成でも、一台のコネクションブローカーで柔軟に一元管理可能であり運用管理が楽です。 PC・タブレット・スマートフォンなど、どのようなデバイスからでもユーザデバイスにHTML5対応のブラウザさえあれば、専用クライアントを一切インストールせずに、業務アプリケーションやデスクトップにアクセスできます。

SimpleStructure.png

▲4つのメリット一覧へ

オープンな製品戦略

 ハイパーバイザーを限定するのは、ベンダーロックインの思想が強く、 バンドル有りを良しとするか、バンドル無しを良しとするかは、完全にお客様の環境や好みに依存します。しかし、使い慣れた既存環境を利用したいとすれば、3大ハイパーバイザー対応のCitrixとEricomは優位です。さらに、その他多くのハイパーバイザーに対応しており、混在環境もサポートしているEricomが優位です。

OpenProductStrategy.png

▲4つのメリット一覧へ

お問合せ・ご相談はこちら