導入事例一覧へ戻る

阪急電鉄株式会社 様

照明制御装置の老朽化に伴い、「オープンネットワーク」によりシステムを更新しました。

特徴・工夫点

p_juso_2.gif

定期的にシステム機器間の通信異常監視を行い、異常発生時は、操作盤に警報表示(ブザー出力)。
システムの自動制御通りに照明が点灯/消灯しない場合も、操作盤に警報表示(ブザー出力)。
スケジュール変更などは、盤内に実装されるノートPCよりWeb画面操作することで容易に変更可能!!
当社製警報表示盤と連携し、スイッチ操作による個別制御機能、強制制御機能も有します。

  • 竣工時期:2006年3月
  • 構内面積:約12,000万平方メートル(ホーム数4、番線数6)
  • 1日列車発着本数:約1600(休日約1300)
  • 1日平均利用客:約77,487人(2004年大阪府統計書より)
  • 主要設備:照明(屋外照度による照明自動制御)
  • 管理点数:約20点の照明回路

システム構成図

img_juso_01.gif