インターネット分離メリット

お客様の課題

お客様の課題

×ウイルス対策ソフトではリスクを完全排除できない

「パターンマッチング型」のウイルス対策ソフトやサンドボックスを導入しているが、未知のウイルスに対する脅威が心配。

×複数のセキュリティ製品を導入・運用する負担が大きい

次世代FWやUTM、サンドボックスなど複数のセキュリティ関連のソリューションを導入・運用する負担は大きく、年々セキュリティ関連の投資額も増加。

×社員へのセキュリティ教育には限界がある

情報セキュリティに関する社内研修やセミナーなどの教育を行っていても、日常業務レベルまでセキュリティ意識を浸透させるのは困難。

×利用者の利便性が気になる

セキュリティを高めるための製品を導入したが、利用できる機能に制限をかけたため、利用者の利便性が低下。

当社インターネット分離ソリューション Cloud Shield-i にて解決!

4つのメリット

Cloud Shield-i を導入する4つのメリット

高セキュリティ

インターネットの脅威から完全分離することで、端末側は感染リスクが発生しません。
さらにファイル無害化機能を標準搭載することで、ダウンロードファイルから感染を極少化します。

利便性の確保

既存ブラウザ(「お気に入り」機能を含む)にて、現在の運用を一切変更することなくインターネット閲覧が可能です。また導入時に端末ブラウザ側にソフトウェアをインストールする必要はありません。

容易な導入

クラウドサービスの提供により、初期導入コストの大幅な削減導入スピードの迅速化を実現できます。また月額料金にてサービスを利用いただくことで、無駄のないセキュリティ対策投資が可能となります。

コスト最適化

既に導入しているパターンマッチング型のセキュリティソリューションを見直すことでITコストの最適化を実現できます。またオフバランスによる企業価値向上にも繋がります。
 

期待効果

「Cloud Shield-i」は全体最適が可能となるサービスです。そのため、「Cloud Shield-i」を導入することにより、あらゆる関係者にメリットをもたらします。

期待効果