基本理念

経営理念に掲げる「事業にかかわるすべてのひとの幸福を追求します」を実現するためには、会社が発展・成長し続けることが必要です。
そのためには、何より従業員が幸せでなければならないことから、従業員が安心して働くことのできる環境を提供し、健康づくりを積極的に推進していく健康経営に取り組みます。

行動指針

(1) 長時間労働の抑止
業務の効率化を推進し、無用な長時間労働の発生を削減・防止することができるようにします。
(2) メンタルヘルスケアの推進
職場環境の改善や、メンタルヘルスケアのフォロー体制の充実などを行い、メンタルヘルス不調者の削減を目指します。
(3) 家庭と仕事の両立の実現
育児や介護、また、やむを得ない病気にかかった場合などであっても、状況に応じて働くことのできるよう、柔軟な働き方を実現します。
(4) 疾病の早期発見と予防
健康経営システムの導入など、健康推進のための施策を実施し、不調の早期発見や、生活習慣の改善などに繋げます。

体制

総務人事部担当執行役員を最高責任者とし、総務人事部安全衛生担当や産業医等が中心となって必要な施策を立案します。
当該施策の実施に当たっては、適宜、健康保険組合と連携し、経営会議等を通じて全社に展開していきます。

2017年10月2日
アイテック阪急阪神株式会社
代表取締役社長 浜田 真希男