マルチベンダー対応。
オープンなビル中央監視を実現。
柔軟な構成で最適なビル管理を
ご提案します。

”設備・工事知見を有するITベンダー”として技術力を駆使し、メーカーフリーのシステム構築をいたします。

お問い合わせ

ビル管理者はビルの利用者が快適に過ごせるようにビル内設備を維持・管理する必要がありますが、その業務は多岐にわたります。ビル中央監視システム「OCTBAS-NEXT」では、主要な設備から離れたところからでも監視・制御ができ、設備を一元管理することでメンテナンス作業の効率化を実現します。

概要

昨今、設備を管理する人員の確保が困難になってきているほか、顧客(入居テナント)からの質の高いサービスの要求やエネルギー消費情報の集約・提供等、管理の質とサービスレベルの向上を目指したシステム構築が求められています。
弊社のビルシステムにおいては、環境の可視化・業務の自動化などに比重を置きデジタルトランスフォーメーションの実現に向けてシステム開発を続けております。
ビル中央監視システム「OCTBAS-NEXT」では、中央監視システムのクラウド化、タブレット端末への対応といった維持管理業務の省力化やBCP対策に適応しています。

特長

いつでもどこでも監視、最適な仕様・コストで機器の選定をします。

当社のビル中央監視システムは、通信規格にオープンプロトコル(BACnet通信)を用いており、規格に準拠した汎用ハードウェアを実装することが可能です。また、サーバ機器をクラウド化して当社にて維持管理をすることができます。このようにして、メーカー独自の機器に縛られることなく、自由な構成でシステムを長期保障し、ライフサイクルコストの低減を実現します。

既存のビル中央監視システムのドキュメント(完成図書など)や実機を確認し整理させていただければ、最適な乗せ替えのご提案をいたします。

導入効果

高信頼性

クラウド対応可。データセンターにてサーバを安定稼働できます。BCP対策としても有効です。

「運用・管理」の効率化

複数の設備を状態を、監視端末(パソコンやタブレット、スマホ)で確認できます。遠隔の管理センターや館内移動中でも、遠隔監視が可能となり、場所を選ばない監視が可能、運用面において利便性が向上します。

選択できるシステム構成

オープンプロトコル・マルチベンダーに対応したシステムのため、規格に準拠した製品をメーカーに依存せずに使用できます。そのため、仕様面や導入機器、更新時期などを施主の裁量で判断可能となり、イニシャルコストの抑制とライフサイクルコストの低減を実現できます。

機能・仕様

01 グラフィック画面表示

機器・システムの状態を、グラフィックな平面図や系統図で画面表示します。

02 状態・警報監視機能 

設備機器の運転状態や異常故障の有無を取得し、オペレータの操作により画面に表示します。

03 遠隔発停・設定機能 

設備機器に対してON・OFFなどのデジタル値の発停操作を行います。

04 日月年報、トレンド測定

設備機器の計測値、計量値を日単位、月単位、年単位で保存します。
計測項目を予め設定し、設定した計測項目に対し、1分周期でデータを収集します。

05 スケジュール制御機能

予め設定した運転スケジュールに従い、設備機器を制御します。

06 クラウド対応機能

中央監視サーバをクラウドサーバに配置することで、BCP対策が可能です。
サーバ更新も不要でライフサイクルコストの低減を実現します。

07 モバイル端末による遠隔監視

iPadのタブレット端末より離れた場所からでも監視画面を表示します。

08 警報メール通報機能

警報発生・復旧時、警報メールをあらかじめ設定されたメールアドレスに送信します。

09 マルチベンダー接続機能

BACnetやLonworks、Modbusのオープンプロトコルを採用することで様々な機器と柔軟に接続が可能です。

イベント

2024年5月29日 - 2024年5月30日

「イーコマースフェア 大阪 2024」にHIT-MALLを出展いたします。

  • セミナー
  • 大阪

関連製品・サービス